So-net無料ブログ作成
検索選択

忠史さんの口癖・・懐かしい音源から・・そして6月1日ライブに向けて・・ [エッセイ]

最近、懐かしい音源のライブ記録などを聞く機会があり、忠史さんがよく言う言葉や口癖を思い出しました。
俺は好きなことやって生きてきたし、いつ死んだっていい!・・
そんなセリフが、ライブ中によく言われてました。
でも、それは、元気だったから言えた事なのです。
五体満足な生活があっての好きなことやってこれたなのです。
今では、好きなギターも弾けなくなり、身体もどんどん不自由な身体になり、歩行器や足漕ぎ車いすなどがないと歩く事も大変。脊髄小脳変性症という治らない難病という恐怖。
進行の度合いも人それぞれでわからないけれども、、それでも精一杯生きています。
6月1日のライブに向けて、目標に向かって歩き続けています。
健常者でも3キロも歩くのは大変なのに、不自由な身体で歩き続けています。
応援してくれる人が見えている以上、あきらめず、歌い続ける高橋忠史であり続けるでしょう。
東京でよく会っていた頃、「関係ない!」という言葉を忠史さんはわりに安易に使っていました。
「そんなの関係ない!」という言葉が流行ったこともありましたが、話の流れによっては、相手が突然気分を害する、とても危険な言葉になるから、なるべく使わない方がいいですよ!と、私から忠告させていただいた事があります。
そんな事には深くこだわらないという意味で、忠史さんは使っていたようですが・・忠史さんのために何かやろうとした人が言われると、あなたに関係ないに聞こえてしまうかもしれない。
口癖で、安易に使ってきたようですが、今更ながら、その言葉で以前気分を害された方がもしもいらしたら・・。そんなことにはこだわらないという意味でしたので・・。
自分が置かれた状況に、必死に立ち向かい、困難を打ち破ってきた忠史さんの生きざま・・。
誰も真似できない根気と執念!
唄い屋・高橋忠史として生き続け、生きている今を、楽しむために・・。
ライブ参加者は、その生きざまに圧倒されるであろう。
いつか、語り継がれるライブに・・あなたも参加しませんか?




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0