So-net無料ブログ作成

忠史さんの口癖・・懐かしい音源から・・そして6月1日ライブに向けて・・ [エッセイ]

最近、懐かしい音源のライブ記録などを聞く機会があり、忠史さんがよく言う言葉や口癖を思い出しました。
俺は好きなことやって生きてきたし、いつ死んだっていい!・・
そんなセリフが、ライブ中によく言われてました。
でも、それは、元気だったから言えた事なのです。
五体満足な生活があっての好きなことやってこれたなのです。
今では、好きなギターも弾けなくなり、身体もどんどん不自由な身体になり、歩行器や足漕ぎ車いすなどがないと歩く事も大変。脊髄小脳変性症という治らない難病という恐怖。
進行の度合いも人それぞれでわからないけれども、、それでも精一杯生きています。
6月1日のライブに向けて、目標に向かって歩き続けています。
健常者でも3キロも歩くのは大変なのに、不自由な身体で歩き続けています。
応援してくれる人が見えている以上、あきらめず、歌い続ける高橋忠史であり続けるでしょう。
東京でよく会っていた頃、「関係ない!」という言葉を忠史さんはわりに安易に使っていました。
「そんなの関係ない!」という言葉が流行ったこともありましたが、話の流れによっては、相手が突然気分を害する、とても危険な言葉になるから、なるべく使わない方がいいですよ!と、私から忠告させていただいた事があります。
そんな事には深くこだわらないという意味で、忠史さんは使っていたようですが・・忠史さんのために何かやろうとした人が言われると、あなたに関係ないに聞こえてしまうかもしれない。
口癖で、安易に使ってきたようですが、今更ながら、その言葉で以前気分を害された方がもしもいらしたら・・。そんなことにはこだわらないという意味でしたので・・。
自分が置かれた状況に、必死に立ち向かい、困難を打ち破ってきた忠史さんの生きざま・・。
誰も真似できない根気と執念!
唄い屋・高橋忠史として生き続け、生きている今を、楽しむために・・。
ライブ参加者は、その生きざまに圧倒されるであろう。
いつか、語り継がれるライブに・・あなたも参加しませんか?




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

埋もれ行く曲・・伝え続けられる曲・・ [エッセイ]

高橋忠史さんの作曲した、影法師作詞の「花は咲けども」は、もしかしたら埋もれて公開されなかったかもしれない曲でした。
5年ほど前、影法師の既存の曲が公表されている中、既存の曲は聞かされずに歌詞だけを受け取り、ある方から依頼されて作曲された、忠史さんの作曲バージョン。
曲が出来ると公表したくなる忠史さんに、影法師さんの了解を得ないと、公表出来ないと待った!がかかり、暫く保留になりました。
忠史さんに、公開出来ないというなら、このまま出来なくてもいいから!とも言われて託された音源を、間を取り持つ私が直接音源CDを送り、影法師さんに事情を伝え交渉しました。
影法師さんの伝えたいのは歌詞でしょう?
曲が違っても、内容が伝わればあり!でいいでしょう?
影法師さんとも、私は同じ東北人ということで以前から知り合いでしたが、曲を聴いていただき、快諾。曲を公表してもいいだけでなく、「花はさけども」プロジェクトの参加にも、写真を送らせていただきYouToube掲載用の高橋忠史バージョンを、影法師さん達が作って掲載してくださいました。
忠史さんは、埋もれてしまってもいいから!と、言ってはいましたが、曲が出来たばっかりの時、いい曲できたで!と、得意げに語っていて、自分が作った曲が歌えないとか、埋もれてしまうとか、あって仕方ないことはあるが、出来ることなら曲が出来れば歌って公表したいし、埋もれていい訳がない!
こうして、この曲は今でもYouToubeでも聴けます。
この縁で、影法師さんと高橋忠史さんとの縁も繋がり、のちの静岡県浜松の「影法師・大昌寺ライブ」のゲストでも出演されました。
忠史さんが作った曲の中で、歌われなくなった曲、CD化されず埋もれてしまっている曲も幾つもあるであろう。
最近、古いカセットテープやレコードを聴く機会があり、埋もれ行く曲を惜しみ、懐かしんでいる自分がいます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

東海道・戻り旅・・忘れられない1枚の写真 [歩き旅の思い出]

京都歩き旅横顔.jpg
京都の五条大橋から歩き出し、車が激しく走る車道に沿って歩道があるのですが、歩き出して2時間ほど、休憩する!と言って、道端に座り込んで空を見上げながら・・疲れ方が全然違う!とつぶやきながら、また空を見上げる忠史さんの表情。
たとえ、最後まで歩けなかったとしても、東海道を歩き出せたことで、僕の想いは東海道へ置いていく・・想いは魂となり歩き続ける!・・
この先、歩けなくなる恐怖と闘いながら、既に脊髄小脳変性症の特徴とも言えるハの字歩行になっていました。
私は、1日、ただ一緒に歩いて、見守り、見送ることしか出来ませんでした。
あれから、歩行器がないと歩けなくなり、足漕ぎ車いすの利用。
もう今後歩けないのかも?と思っていたところに、斎藤應典さんによるリハビリにより、捕まらずに一人で立ち上がることに成功。
もしかしたらトレーニングである程度回復するかもしれない可能性を見せ、再び、想いは東海道へ!
実際に東海道を歩くのは危険すぎ、バーチャルだから、実際は家の近所を歩いているのではありますが、東海道の道を歩く距離分を、自分の力で歩く事にした忠史さん。
あれから病気は進行してはいますが、リハビリを頑張れば治るかもしれない希望を持って、自分の足で再び歩き始めました。
今後も応援よろしくお願いします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

高橋忠史・2017年・ファンタジー・ミラクル・ウォーキングツアー・バーチャル東海道・戻り旅ファイナルライブ [お知らせ]

2017年、1月4日から高橋忠史さんが歩き出しました。
<写真は、2015年、京都から歩き出した時のものです>

arukitabi.jpg
バーチャル東海道・戻り旅は、ゴール・日本橋到着。
高橋忠史さんの65歳の誕生日である5月31日を目指します。
最終日のゴールは、日本橋を実際に歩きます。
そして、ファンタジー・ミラクル・ウォーキングツアー・ファイナルライブを6月1日に計画しました。
参加料金は無料!
出演者・音楽関係スタッフが凄いんです。
かつて関わった音楽仲間が大集合!これは見逃せません!
贅沢なライブ時間になると思います。
6月1日 午後6時開場
  午後6時30分開演
会場 ルネ小平(小平市民ホール)・レセプションホール
西武新宿線小平駅南出口降りて3分  駐車場は無し
料金無料ですが、別途ご祝儀、カンパ歓迎!ってことです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽